私たちが学んだこと

≪結婚したいならすぐ行動を≫

≪出会いがない?≫ 準備中

≪告白しよう≫ 準備中

≪写真を撮ろう≫ 準備中

≪どうやって相手を探すか≫ 準備中

≪出会いを結婚にどう繋げるか≫ 準備中

≪幸せな家庭をどう築き維持していくか≫ 準備中

≪結婚したいならすぐ行動を≫

結婚したい。

いい人がいればなぁ・・・。

そうボヤくだけで、その『いい人』を探す行動をしていない人は案外多いようです。

 

以前の私もそうでした。

結婚相談所に登録するものの、手ごわい?相手ばかり紹介され、

あいこんナビに掲載されている市町村主催のお見合いイベントや、民間の婚活イベントに出てみても、

毎回カップルにはなるものの、相手に魅力を感じられず、自然消滅・・・を繰り返していました。

「どこかにいい人いないかなぁ」そう言い続けて、いったい何年が経ったでしょうか。

 

『数字でみる結婚』のコンテンツにもあるように、

私たちの親世代(団塊前後)まではほぼ100%に近い確率で結婚していました。

ところが、です。

その子世代の私たちが50歳になる頃には、男性の1/3、女性の1/4は結婚出来ないだろう。

という推計が出ています(NHK調査)。

この数字はかなり大きい。

急速に時代は変わっている。

 

でも、その事実に気づいていませんでした。

私自身も、婚活中に出会った方たちも、その親たちも。

 

事実を知っているのは、支援をする側の方ばかり。

ヤキモキして、焦って、胃を痛めたりしている()

 

知らないから、

「いい人がいない」と不満をつぶやくだけで本気で努力もせず、

存在するかどうかも怪しい理想の相手を探し続ける。

親は「無理に結婚して苦労しなくてもね」とねぎらってみる。

それを聞いて、子どもも安心する(ノ´▽`)ノ。

当人たちの間には至ってのんきで平和な時間が流れています()

 

 

誰でも結婚出来る時代は終わりました。

時代は変わったのです。

 

婚活はよく就活に例えられますが、

もしそうだとするなら、

よくある風景が、

 

(どこにエントリーシート送ろうかな。。。)

と、考えて、考えて・・・・そのまま保留。。

 

就活でそんなにのんびりやってる人はいないでしょうが、

婚活だと、そんなことになってることはままあります。

相談所はどこがいいんだろう?

なにからやったらいいんだろう?

良くわからないや。。まぁ、また・・でいいか! みたいに考えるだけで終わる。

 

これかなりまずいよね?

とりあえずどこか書いて送った方がいい。

 

就活よりもリスクが高いと思うのは、誰もフォローしてくれないこと。

こんなご時世、他人の結婚なんて、わざわざ世話焼いてくれる人なんていません(ほぼ)。

親だって、結婚に関しては宛てになりません。気持ちがあっても、助けようがない。

自然な出会いに恵まれなかったなら、

 

自分で期限区切って努力しないと、そのまま。今のまま。

 

「うん、分かったよ、明日からやるよ!」

ぢゃなくて、今日、動こう?

ダイエットと一緒だよ。

「明日から痩せる。」と言う人に、痩せた人はいない。。

今から、イベントに申し込むなり、相談所に登録するなりしませんか。

 

早い者勝ちなんです。いい人からいなくなるから、のんびりしてたら知りませんよ?

気が付いたら、選んでる場合ではなくて、あなた自身が『条件悪い』ってパスられますよ。

自分で自分の首絞めますよ。

だから急ごう?

 

 

婚活がガツガツしていて嫌だ、あるいは婚活中で出会う異性の質が不満だとおっしゃるなら、

自分の力で異性を探して口説き落とさなければなりません。

それが本来で自然です。現代では。

口説き落とす勇気や力量がないなら、おとなしく婚活サービスのお世話になって、

紹介してもらった相手と結婚するのもありです。

夢と現実の区別がつかない人は、いつまでたっても婚活市場でウロウロしてます(売れ残る)。

婚活マーケットのいいカモです。

賢く利用しましょう。